2019年06月

    no title
    「RIZIN.16」(2日、神戸ワールド記念ホール)

    那須川天心(20)=TARGET=が、ISKA(国際競技空手協会)世界フェザー級タイトルマッチ(ISKAユニファイドルール3分5回)で、
    ISKAフリースタイル世界バンタム級王者マーティン・ブランコ(30)=アルゼンチン=に2回2分19秒KOで勝利した。
    フジテレビはこの試合を生中継したものの、CMでダウンを奪った決定的な場面を放送できないというハプニングが起こった。

    2回、那須川の左のオーバーハンドブローが相手の右目上を切り裂き、ブランコが流血。
    このラウンド、残り1分50秒でレフェリーが傷の具合をチェックするため試合を一時ストップさせた。ところが、ラウンド途中というこのタイミングでCMに入った。

    CM中にすでに試合が再開されており、CMが明けると、画面にに映し出されたのは相手のブランコがすでにダウンしている場面だった。
    しかも、このときが2度目のダウン。那須川が2度のダウンを奪う決定的な瞬間を生放送しそこねたのだ。

    これにはネット上ではブーイングの嵐。「CM明けたら相手がダウンしてた。ちゃんと試合開始に合わせてCMが終わるように調整してくれよ…」
    「那須川天心に失礼やろ ドクターチェック中にCM挟むとか前代未聞やろ」「あのタイミングでCM入れる?最初のダウンシーン見れなかったし…」
    「もはや放送事故というよりかコントや」などと苦情の声が相次いでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000164-dal-fight
    6/2(日) 21:32配信

    【那須川の試合中にCMぶっ込みネット一斉苦情 ダウン奪う場面 生放送されず 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/01(土) 07:51:55.60 ID:myYkFIwS9
    6月2日(日)神戸ワールド記念ホールで開催される『RIZIN.16』に出場する選手たちの個別インタビューが、5月31日(金)大阪市内で行われた。

    メインイベントの「ISKA世界フェザー級タイトルマッチ」でISKA世界バンタム級王者・マーティン・ブランコ(30=アルゼンチン/LA PALESTRA KBOX)とタイトルを争う、
    RISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)が出席し試合への抱負を語った。

    この試合に向け、技の精度を高める練習をしてきたという那須川。冷静に当てさせず当てる戦いをテーマに試合に挑む。

    世界最強を目指すと那須川は長く口にしているが「(自身が世界最強を)実感できるときはまだ見えてないです。(実感するには)ここ1~2年キックで強い選手と試合を続けるしかないです。
    もしくは団体を統一するかですよね。自分は日本に留まりたくないと思っていますが、格闘技は楽しいです。
    新しい発見あるのでまだまだやっていけそうです」とこれからの自身の成長にワクワクしているようだ。

    さらに、ボクシングで大活躍中の井上尚弥(26=大橋)の話題になると「凄いなと思います。世界に旅立っていて凄いですね。
    次の試合(WBSS決勝・ドネア戦)も絶対勝つのだろうなと思いますし、
    僕も置いて行かれないようにしていきたい」と井上の活躍から大きな刺激を受けている様子。

    現在26歳の井上をプロキャリアの全盛期と評し、
    現在20歳の那須川は井上の全盛期の年齢まで「あと5~6年あるけど、もがいて一生懸命にやれば、ああなれる可能性は無いことは無いと思うので、
    自分はポジティブな性格ということもありますけど、夢が広がりますね」と微笑む。自身のこれから迎える全盛期については
    「ジャブでKOしたりして(笑)そのくらい強くなっていたいです。これからは夢と希望しかないですね」と最強の那須川天心像を語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000029-gbr-fight
    5/31(金) 22:05配信

    no title

    【【RIZIN】那須川天心「ジャブでKOできるくらい強くなりたい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ