2021年09月

    • カテゴリ:
    2019年、国際空手道連盟極真会館(松井章奎館長)主催の第12回世界大会優勝者・上田幹雄(26)が
    9月5日(日)千葉・幕張ベイパークアリーナで開催された『GRACHAN50』に登場、MMAデビューすることを
    発表した。
     
    第3試合後、ケージインした上田は「9月に極真からMMAに転向した上田です。私は空手の強さを証明するために
    MMAの世界にやってきました。しっかり空手の強さを証明したいと思います。これからもよろしくお願いします。
    押忍!」とあいさつ。

    上田は新たなステージへ挑戦するとし、今年8月31日をもって国際空手道連盟極真会館を退会、今後の動向が
    注目されていた。上田のMMAデビュー戦の詳細は今後、行われる記者会見で発表されるという。同席した
    GRACHAN・岩崎ヒロユキ代表は「無差別級、ヘビー級期待の選手だと思うのでぜひ応援してください」と
    期待のコメントを寄せた。

    現在26歳、身長187cm・体重104kgの上田は、少年時代に空手と並行して相撲と柔道を経験しており、MMAで
    その経験は活きるか。日本人には少ないMMAヘビー級戦線での活躍が期待される。

    ?上田幹雄(26=元極真・横浜北支部所属)身長187cm 体重104kg
    幼少の頃より極真空手をはじめ、12年に全日本高校選抜大会(無差別級)で優勝すると、翌年の全日本ウエイト制大会
    (軽重量級)で優勝し一躍脚光を浴びる。15年には体重無差別で行われる初の世界大会に出場し6位に。
    18年に体重無差別の全日本選手権大会で優勝、翌19年に世界大会で念願の優勝を果たした。
    昨年秋の全日本は欠場し、今年4月に百人組手に挑戦。60人でドクターストップとなったが14人から一本勝ちを奪った。
    それが極真選手としての最後の勇姿となった。


    【極真世界王者・上田幹雄がMMA転向発表「空手の強さを証明する」】の続きを読む

    9/2(木) 19:56配信
    東スポWeb

    デビューが決まったへずまりゅう

     窃盗や威力業務妨害などの罪に問われ、懲役1年6月、保護観察付きの執行猶予4年の有罪判決が出た元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅうこと原田将大(30)が19日に東京・歌舞伎町で行われるシロウト異業種格闘技戦「hatashiai」に出場することが2日、分かった。

     へずまは学生時代にレスリングで国体出場歴があり、格闘家の朝倉未来を道場マッチでぶん投げた過去がある。判決前に収録したユーチューブ番組では「格闘家になる」と転向を表明していた。

     かねて、へずまの格闘家としての可能性を感じていた「hatashiai」の古賀真人GMは昨年12月の大会でオファーしていたが、公判中のため、キャンセルとなった経緯がある。へずまが格闘技に本格チャレンジを表明したことを受け、改めてオファーを送り、一連の逮捕騒動からの〝みそぎマッチ〟として、緊急参戦が決定した。

     2日夜に行われる「hatashiai」の会見で、詳細が正式発表される見込みだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdc6de0f31a55c6a16e0e7d2aacb6abbe78a27d8

    【へずまりゅうの〝みそぎマッチ〟が急きょ決定 素人格闘技戦でリングデビュー [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/08/25(水) 05:39:19.25 ID:CAP_USER9
    8/25(水) 5:15配信
    東スポWeb

    3年前のRISEでロッタンは那須川に惜敗した(2018年6月17日)

     注目のラストファイトは――。立ち技打撃格闘技イベント「RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」(9月23日、神奈川・ぴあアリーナMM)で鈴木真彦戦が控える〝キック界の神童〟那須川天心(23)は、来春でのボクシング転向を表明している。この試合を含めキックルールは年末と来春の3試合のみとなるが、気になるのは最終戦の相手だ。

     舞台となるRISEの伊藤隆代表は、新型コロナウイルス禍の状況次第で日本選手の可能性があるとしながらも「(外国人選手なら)いきなりやらせるのではなく11月くらいから呼んで、プレゼンテーションマッチとして、試合をさせて強さを見てもらうような形にできれば」と語った。

     有力候補として3年前にRISEで那須川に惜敗したシンガポールの格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」のムエタイフライ級王者ロッタン・ジットムアンノン(24=タイ)も浮上。伊藤代表は「彼の場合は体重が落ちない。天心は55キロがベストだし、本人の意思は57・5キロ以下なのでONEとの契約がクリアになっても体重が問題となってくる。それを含めての交渉になると思うし、間を取って58キロの契約ウエートで話ができたら」と実現の可能性に言及。果たしてどんな花道が用意されるのか。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73b77ca97dfddfd7912753814b5690d8c7918bf5

    【〝神童〟那須川天心のキック最終戦にロッタン浮上】の続きを読む

    1: クーベルタン男爵さん 2014/06/05(木) 13:07:14.86
    あんな亀田みたいな貧弱なチビガリなんて世界に本当に存在するのか?
    戦う男なら最低70kg以上で戦えよ

    【ボクシング軽量級っていらないだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ