那須川天心

    2019年6月22日(土)に行われる『AbemaTV3周年記念 1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』
    (※ルールは「AbemaTV」特別ボクシングルールで調整中)を、元WBC世界ライト級王者のガッツ石松氏が予想した。

    ガッツ石松氏はAbemaTV公式YouTubeに公開された動画インタビューにて、
    「亀田はもう引退しているでしょう。それで天心という選手はキックボクサーでしょう? キックボクサーがボクシングだと単なるスパーリングパートナーになっちゃうんじゃないかと思うよ。
    亀田も元チャンピオンとはいえしばらく昼寝していたからね。
    引退していたから、その選手が起きてすぐ戦ったところで力が発揮できないんじゃないか。パンチのキレもないんじゃないかと思うよな。
    だからどっちかと言うと、格闘技ファンとしては興味はあるよね。
    ボクシングとボクシングだったら、これは亀田だよな。寝ていたとしても、休んでいたとしても。だけど天心選手は足もヒジも使えないんでしょう? だいぶ不利だよね。
    でも若さがある」と、どちらかと言えば亀田有利と言いたいのではないかという予想。

    続けて「だから何となく野次馬根性というのかな、のぞき見したいなというね、その感はある。
    格闘技ファンから見ると面白い組み合わせだよな。エキシビションマッチだからちょっと夢があって、ある面ではいいかなと思うね。
    面白さっていうか、夢を与えてもらいたい感じはあるね。
    亀田も格闘技の難しさっていうのを教えてやろうと、そう甘いもんじゃないよっていうのを教えてやろうとの精神だろうし。

    天心の方は足がすくむようなメイウェザーとも戦う勇気があるわね。その勇気や若さは応援したいし。
    だから今の時代だから何となくマッチするんじゃないかな、この戦いは。俺も今回はリングサイドに行って応援に行こうかと思うんだけれど。
    ガチンコだったら俺がレフェリーやってやりたいくらいだよ。この応援は両方だな。どっちもいいところを出せよ、と」とこの対戦に興味はあるようだ。

    そして「基本的には天心選手は格闘技の難しさというものを亀田から学べ、教われと。そういう気持ちですね。
    天心選手に拍手を送りたいのは、メイウェザーなんかとまともに戦うこと自体が間違っているよ。
    でもやったんだから、これは大したもんだ。
    今度は亀田とやるっていうんだから大したもんだ」と、那須川の勇気は評価するが、亀田が格闘技の難しさを教える対戦になるだろうと予測した。

    最後は「次はガッツとやる、なんて言うなよ。俺はオールドタイマーなんだからね。
    でもその勇気は応援するから、怪我のないように頑張ってください。OK牧場」と、那須川にエールを送った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00010005-gonkaku-fight
    6/18(火) 18:54配信

    no title

    【那須川天心vs亀田興毅をガッツ石松氏が予想「これは亀田だよな。天心選手は格闘技の難しさというものを亀田から学べ、教われ」 】の続きを読む

    1: 無記無記名 2019/05/29(水) 00:03:04.27 ID:uG0hcBh2
    キックボクシングの“神童”那須川天心(20=TARGET/Cygames)が28日、自身のツイッターを更新。川崎市多摩区の路上で通学のバスを待つ
    小学生ら十数人が刃物で刺され、女子児童1人が死亡した事件について言及した。

     那須川は「川崎の無差別殺傷事件 本当に悲しい、、あり得ないと思う」と事件についてコメント。「格闘技をやってますが 実際刃物を持った人と
    遭遇した時に助けに行けるかと言われても行けないと思う。まだそんな勇気ないし、力もない」と格闘家としての思いを吐露。
    それでも「でも助けたい気持ちが大きい もっと強くならなきゃな 人として」と言い聞かせるようにつづった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000120-spnannex-fight


    刃物の前では筋肉も格闘経験も意味ないことが判明しました!!!!!

    刃物最強!!!!!!

    【那須川天心「刃物持った通り魔には何もできない」 】の続きを読む

     フジテレビは、2日午後7時から生中継した格闘技イベント「RIZIN.16」のISKA世界フェザー級タイトルマッチ「那須川天心―マーティン・ブランコ戦」で、那須川が1回目のダウンを奪った瞬間に試合を中継せずにCMを放映した件について謝罪した。7日の宮内正喜社長(75)の定例会見で、担当役員が「楽しみにしていた視聴者のみなさんにんは本当に申し訳なく思う」と述べた。

     石原隆取締役は、「生放送の準備、打ち合わせがうまくいかなくて、視聴者のみなさんにはご迷惑をかけました。もっともっと慎重にやるべきだった」と反省しながら説明。問題のシーンは第2ラウンドの途中。残り1分50秒ほどでブランコが右目上を出血。ドクターチェックで試合が中断すると、放送は約1分間のCMに入った。しかしCM放映中に試合は再開しており、生中継に切り替わった瞬間、ブランコがいきなりダウン。那須川は続けざまにもう一度ダウンを奪い、TKO勝ちでキックボクシング世界3冠を決めた。

     ドクターチェックでCMに切り替えた判断について、石原取締役は「打ち合わせが細部まで行き届いていなくて反省しております」と重ねて陳謝した。


    2019年06月07日 16:55芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/07/kiji/20190607s00041000230000c.html

    【「RIZIN」中継ミスで那須川戦ダウンシーン中継できず謝罪「打ち合わせがうまくいかず…」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/06/04(火) 01:30:53.00 ID:gnl5AazU0
    ――リング上で「世界へ飛び出したい」と言われていましたが、これはRISEのトーナメントを制するということですか?

    「まずはRISEを制覇するのもありますし、あとは世界に出たいですよね。オファーがあればどこにでも出ます」

    ――世界を口にされたのは、井上尚弥選手の活躍が刺激になっているからですか?

    「なっていますし、世界を熱狂させたい、世界一になりたいのが自分の目標。日本にいて世界一と言っても説得力がないじゃないですか。
    やっぱり自分が出ていって、よりたくさんの人に知ってもらえる。もうそろそろ、それがいいんじゃないかなっていうのがあります。
    日本でもやらなければいけないことがありますけれど、だんだんとなくなってきたので、もうそろそろいいんじゃないかなと感じます」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00010000-gonkaku-fight

    【【朗報】那須川天心、世界進出へ「日本でやることがなくなったので世界に出たい」 】の続きを読む

    no title
    「RIZIN.16」(2日、神戸ワールド記念ホール)

    那須川天心(20)=TARGET=が、ISKA(国際競技空手協会)世界フェザー級タイトルマッチ(ISKAユニファイドルール3分5回)で、
    ISKAフリースタイル世界バンタム級王者マーティン・ブランコ(30)=アルゼンチン=に2回2分19秒KOで勝利した。
    フジテレビはこの試合を生中継したものの、CMでダウンを奪った決定的な場面を放送できないというハプニングが起こった。

    2回、那須川の左のオーバーハンドブローが相手の右目上を切り裂き、ブランコが流血。
    このラウンド、残り1分50秒でレフェリーが傷の具合をチェックするため試合を一時ストップさせた。ところが、ラウンド途中というこのタイミングでCMに入った。

    CM中にすでに試合が再開されており、CMが明けると、画面にに映し出されたのは相手のブランコがすでにダウンしている場面だった。
    しかも、このときが2度目のダウン。那須川が2度のダウンを奪う決定的な瞬間を生放送しそこねたのだ。

    これにはネット上ではブーイングの嵐。「CM明けたら相手がダウンしてた。ちゃんと試合開始に合わせてCMが終わるように調整してくれよ…」
    「那須川天心に失礼やろ ドクターチェック中にCM挟むとか前代未聞やろ」「あのタイミングでCM入れる?最初のダウンシーン見れなかったし…」
    「もはや放送事故というよりかコントや」などと苦情の声が相次いでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000164-dal-fight
    6/2(日) 21:32配信

    【那須川の試合中にCMぶっ込みネット一斉苦情 ダウン奪う場面 生放送されず 】の続きを読む

    このページのトップヘ