MMA

    • カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し 2019/08/04(日) 14:32:09.63 ID:+EY8p6PBr
    ラグビー部でウエイトしまくってた高校時代にこれをきいて健康維持のために卒業してからも
    ボチボチ自重トレやってるけど32歳にしたら全然走れるしわりとマジやな

    【ヒョードル「ウエイトで鍛えた筋肉を自重トレで維持するのがバランスよく1番動きにキレがでる」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@一本勝ち 2019/07/01(月) 16:50:41.32 ID:eJMfcToH0
    中国拳法の指導者(胴締めのとこの赤川や太気拳?)と 合気柔術関連の先生達は実戦と総合格闘技ルールは違うと言い試合をしないが果たして本当に違うのだろうか?
    街中で不良同士が素手でタイマン(喧嘩)とする時は総合格闘技の闘い方になっている
    (急所攻撃なんか全くといっていいほどしない
    注、しても総合格闘技のプロは反応する伎倆)
    朝倉未来の喧嘩動画もライジンなどの総合格闘技でのリングと全く同じ間合いだし、
    遠く昔ならヒクソングレイシーのプロレスラーとのビーチでの喧嘩もそうだ。総合での闘い方と全く同じだった。
    武道家は喧嘩(実戦)なら強いと言っているが果たして本当か?
    本当はみんな喧嘩(実戦)でも弱いんじゃないの?

    【喧嘩(実戦)と総合格闘技は 本当に別なのか? 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し 2019/08/09(金) 00:18:49.90 ID:TxBk19Tp0
    ローキックよりさらに下のふくらはぎを蹴るカーブキックなるものが開発され流行っている模様

    【【朗報】総合格闘技、未だに技術が進化し続ける 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/07/28(日) 21:32:54.45 ID:E7g3jFUh9
     俳優の武田真治(46)らが筋トレを実践し、決め台詞の「筋肉は裏切らない」が昨年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)にノミネートされたNHK「みんなで筋肉体操」の第3弾シリーズが29日スタート。午後11時45分から4夜連続で放送される。

     今回は“筋肉アシスタント”を番組初の一般募集。初の女性アシスタントが加わる。

     番組公式サイトによると、29日「腕立て伏せ」に格闘家・川村虹花(23)、30日「腹筋」に獣医学生の姚麗花さん、31日「スクワット」に川村、8月1日「背筋」に姚さんが出演。川村はアイドルグループ「仮面女子」のメンバーで、2017年に「DEEP JEWELS」で総合格闘家デビュー。人気番組への抜擢で、さらに注目を集めそうだ。姚さんは昨年「第3回北海道フィットネスビキニオープン選手権」東北・北海道地区163センチ超級で優勝している。

     5分間のミニ番組で、総合テレビで昨年8月27~30日(4回)に第1弾が放送され、インターネット上で大きな話題に。武田らは同年大みそかの第69回紅白歌合戦に天童よしみ(64)の応援ゲストととして出演。大舞台でパフォーマンスを披露した。好評を受け、今年1月7~10日(4回)には総合テレビで第2弾がオンエアされた。


    7/28(日) 21:15配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000274-spnannex-ent
    画像 川村虹花
    no title

    【NHK「筋肉体操」に番組初の女性アシスタント!仮面女子&総合格闘家の川村虹花ら 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/20(土) 08:39:49.57 ID:MPGWuR2t9
    思い立ったが吉日、を地で行く人生である。
    2008年の北京五輪で金メダルを獲得した柔道の石井慧(さとし)選手(32)は、直後に総合格闘技に転向したことで話題をさらった。
    それから10年余り。今度は日本を捨て、なんとクロアチア人になってしまったのだとか。

    「五輪のプレッシャーなんて斉藤先生のプレッシャーに比べたら屁の突っ張りにもなりません」

    北京五輪の柔道100キロ超級で優勝した直後、当時の全日本の斉藤仁監督を引き合いにこうビッグマウスを炸裂させたのが石井選手だった。直後から奔放な言動が話題を呼び、

    「優勝できたのは皆さんの応援のおかげではなく自分の才能のおかげです」

    などと発言し、一躍メディアの寵児に。一方で、五輪からわずか3カ月後に、格闘家への転向を宣言。
    以後は総合格闘家として世界を転戦している。プライベートでは2度の結婚、離婚を経験した。

    その石井選手が久しぶりに話題に上ったのは、今月3日のこと。
    ネットニュースで紹介された石井選手のインタビューの中で東欧のクロアチアに住んで2年半だと語りつつ、

    〈あ。国籍とりましたよ〉

    〈いまはクロアチア人です〉

    と、平然と言ってのけたのだった。

    格闘技に詳しいライターが解説する。

    「石井はクロアチア出身の格闘家ミルコ・クロコップと14年に2度対戦し、負けています。
    その後、17年になって、“なぜそんなに強いのか”と指導を求めてクロアチアに渡り、ミルコの練習場を拠点にしていました。
    本人のツイッターでは最近、クロアチアに墓を買ったことも明かしています」

    クロアチア国籍を取得すれば、法律上、日本国籍は喪失することになる。

    景色も良い

    格闘技界の関係者が言う。

    「彼は現役の金メダリストとして総合格闘技に足を踏み入れた逸材でした。
    本来であれば弱い選手と対戦しながら、少しずつ強さを引き出してあげれば良かったのに、話題を集めるために強い選手とばかりマッチメイクさせられていた。
    日本に留まればそうしたニーズに応えなければならないと、嫌になったのだと思います」

    スポーツライターの近藤隆夫氏が補足する。

    「彼は自分の思いに正直なところがあります。柔道から格闘技への転向も2度の離婚も、自分がそう思えばすぐに動く人。
    クロアチア国籍取得もメリットを求めたわけではなく、ミルコのもとでずっとトレーニングをしたい気持ちの表れだったのではないでしょうか」

    さて、真意を聞こうと、事務所を通じて本人に取材を申し込んだが、応じてもらえず。大阪の実家に出向くと、石井選手の祖母がこう語ってくれた。

    「もう17、8歳の子どもと違うんやから、自分の思うようにやってくれたらええねん。
    日本で試合があると、向こうへ帰る前に実家に泊まって、“クロアチアは景色も練習環境も良い”と言ってる。
    慧はブラジルやアメリカにも行って、ずっと自分に合った練習環境を探していた。そんで、いまはクロアチアで頑張ってる」

    その目は少し潤んでいるように見えた。孫が祖国を捨ててまで求めたのは純粋な“強さ”だった。

    「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00572389-shincho-fight
    7/20(土) 5:57配信

    【石井慧が日本を捨てて「クロアチア人」になるまで 】の続きを読む

    このページのトップヘ