UFC

    • カテゴリ:
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/03/26(火) 19:04:53.89 ID:QBTvAzhu9
    【3月26日 AFP】総合格闘技大会「UFC(Ultimate Fighting Championship)」、元2階級王者のコナー・マクレガー(Conor McGregor、アイルランド)が25日、現役引退を発表した。同選手は2016年にもグローブを置くと表明しており、ここ3年間で2度目の引退宣言となった。

     トラッシュトークで知られるマクレガーは、自身のツイッター(Twitter)にオクタゴンでのキャリアに終止符を打つことを決断したと明かし、「ようみんな、取り急ぎ発表するが、きょう俺は競技からの引退を決断した」「旧友たち全員の今後の健闘を願っている」と投稿した。

     UFCで最も稼ぐファイターの一人として知られる30歳のマクレガーは、昨年10月にハビブ・ヌルマゴメドフ(Khabib Nurmagomedov、ロシア)に敗れて以来、試合をしていない。

     マクレガーは2016年4月の引退宣言で、「俺は若くして辞めると決めた。ありがとう」とツイートしていたが、プロモーターと交渉する上での戦略であるとの見方が大きかった。その後に引退を撤回し、同年8月には米ラスベガスでネイト・ディアス(Nate Diaz、米国)との再戦に臨んだ。(c)AFP

    2019年3月26日 16:36 
    発信地:ロサンゼルス/米国
    https://www.afpbb.com/articles/-/3217605?act=all
    no title

    【【格闘技】マクレガーが現役引退を表明、UFC元2階級王者のスター選手 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で若い女性から携帯電話を盗もうとした強盗が返り討ちに遭い、「鉄の女」の愛称を持つ総合格闘技家から金品を奪おうとすることは得策ではないと思い知る羽目になった。

     総合格闘技大会「UFC(Ultimate Fighting Championship)」のストロー級ファイター、ポリアナ・ヴィアナ(Polyana Viana)は、5日深夜に自宅アパートの外で米配車サービス「ウーバー(Uber)」を待っていたところ強盗に遭遇した。

     ヴィアナがUFCのウェブサイトMMA Junkieに明かした内容によると、同選手は犯人に2発のパンチを食らわせて「裸締め(RNC、リアネイキッドチョーク)」で押さえ込むと、この不運な男を座らせて警察が到着するまで待機した。

     犯人は銃を持っていると脅したが、それが本物ではないと推測したヴィアナは、自分が行動を起こす前に「男が引き抜く時間はない」と判断。強盗を押さえ込んだ後、実際に武器がボール紙で作られたピストルであることが分かったという。

     ヴィアナがSNSに投稿した写真では、犯人と思われるタンクトップ姿の男が傷を負って血だらけになり、警察が到着するまで腕がらみで押さえ込まれて落胆している様子が確認された。

    「男はあっという間にパンチを食らってから、恐怖を感じていたと思う」と話したヴィアナは、容疑者が警察に連行されてけがの治療を受けた後、自宅に戻って夕食を作ったと明かした。翌日になって少し手に痛みを感じたものの、深刻な状態ではなく他にけがはなかったという。

     リオ以外の都市でも路上強盗が横行しているブラジルでは、犯罪撲滅を公約に掲げたジャイル・ボウソナロ(Jair Bolsonaro)氏が新大統領に選出された。(c)AFP

    no title


    http://www.afpbb.com/articles/-/3205391

    【【ブラジル】襲う相手間違えた―UFC女性ファイターがリオで強盗を返り討ち 】の続きを読む

    米国のESPN(電子版)は20日、
    総合格闘技UFCの元2階級制覇王者ジョルジュ・サンピエール(37=カナダ)が現役を引退すると報じた。
    22日に母国カナダのモントリオールで引退会見が開かれるという。

    サンピエールは2004年にUFC初参戦。06年にウエルター級王座、17年にはミドル級王座を獲得し、UFC史上4人目の2階級制覇を達成した。
    だが、獲得したミドル級王座は防衛戦を行わずに返上し、
    結果的に2階級制覇を達成したタイトル戦がラストファイトとなった。総合格闘技での戦績は28戦26勝2敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000119-spnannex-fight
    2/21(木) 15:28配信

    no title

    no title

    【UFC元2階級制覇王者 ジョルジュ・サンピエールが現役引退へ 】の続きを読む

    総合格闘技「UFC FIGHT NIGHT:Phoenix」(2月18日 アメリカ・アリゾナ州フェニックス)

    ▼フェザー級 5分3R
    ●アレックス・カサレス(30=アメリカ)
    一本 1R 2分06秒 ※チョークスリーパー
    〇クロン・グレイシー(30=アメリカ)

    ヒクソン・グレイシーの息子クロンがついにUFCに初参戦した。クロンは2013年に寝技世界一を決める大会『アブダビコンバット』にて
    全試合一本勝ちで優勝。同年に行われたプロ柔術大会では”日本軽量級最高峰の寝技師”との呼び声も高い青木真也から
    ギロチンチョークで一本を奪っている。

    MMA(総合格闘技)には2014年12月に日本で開催された『REAL 1』でデビュー。キム・ヒョンスを1Rわずか1分5秒の腕十字で下した。
    2015年大みそかからは『RIZIN』に参戦し、山本アーセンを三角絞めで仕留め、2016年9月には所英男、同年大みそかには
    川尻達也からも一本勝ち。4勝無敗。

    今回のUFCデビュー戦の相手カサレスは、2008年11月にMMAデビュー。2011年3月からUFCに参戦し、UFCでは9勝9敗の戦績。
    今年7月にはマルティン・ブラボーに判定2-1で勝利している。

    1R、カサレスのジャブに左ストレートを返すクロン。パンチとサイドキックで距離をとっていたカサレスにクロンが組み付き、バックを奪うと
    背中におぶさるようにして寝技に引きずり込む。すぐにチョークの体勢に入ると、あっという間に体勢を整えて腕をカサレスの喉に
    食い込ませ、クロンが一本勝ちでUFCデビュー戦を白星で飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000016-gbr-fight

    【ヒクソン・グレイシーの息子、クロン・グレイシーがUFCデビュー戦で一本勝ち 】の続きを読む

    日本時間10日にオーストラリア・メルボルンで行われる「UFC 234」に、石原“夜叉坊”暉仁(27)=チーム・アルファメール・ジャパン=が出場。
    格闘人生のすべてをかけて2019年初戦に挑む。

    プレリム初戦で韓国のカン・ギョンホ(31)と戦う石原は、UFCで連勝デビューも、最近の試合では黒星が続くなどUFC戦績3勝4敗と負けが先行している。

    拠点を米国から日本に移して心機一転の石原は「世界と戦う準備はできた。
    ここでUFCとの契約更新ができないような試合をしてしまった場合には、もはやこの先、格闘技を続けるつもりはない、と言えるくらいの準備はできています」
    とキャリアのすべてをかけて挑む決戦と位置づけ、「自分を信じて、すべてをぶつけて戦います。
    自分の拳で人生変える瞬間を見てほしい。何かが伝わると思う。応援よろしくお願いします」と力強くコメントした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15999146/
    2019年2月9日 19時30分 スポーツ報知

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【UFC 石原“夜叉坊”、進退かけ今年初戦に挑む「すべてをぶつけて戦います」UFC戦績3勝4敗 】の続きを読む

    このページのトップヘ